minimum universe
minimum universe
instagram
twitter
facebook
behance

あけましておめでとうございます!

大変遅いご挨拶となってしまいましたが、皆さま、あけましておめでとうございます!

 

←のイラストは、印刷した年賀状に使用したイラストです。

 

昨年は、年賀状イラスト用の仕事でも、たくさん龍を描いたのですが、普段、龍はほとんど描くことがないので、新鮮な気持ちもありつつ、ちょこっと大変でした。

 

続く来年の干支は蛇なのですよね…。

辰と蛇、微妙に造形が似てますし、せめて何年か間隔をあけてくれればいいのに。

 

なんてことを書きつつ、今年は蛇さんのイラストを沢山描けたらいいな。
ではでは、2012年もminimum universeをどうぞよろしくお願い致します!

よいお年を。

2011年も残すところ、あと少しとなりましたね。

 

サイトに遊びに来て下さった皆さま、お世話になった皆さま、本当にありがとうございました!

 

先程、サイトの更新をしている時に気が付いたのですが、この「minimum universe」が今年の11月で10周年となっていました(携帯サイトはPCサイトよりもちょこっと早い6月からの開設)。

 

あんまり更新をしていないサイトなので、10周年といっても、実質、2周年くらいなんじゃないかと思いつつ、2012年もこのブログでちょこちょこっと書いていきますので、また遊びに来て下さいね。

 

ではでは、皆さま、よいお年を!
2012年が、よい一年になると良いなあ。

ドライヤーを買う

先日、ドライヤーを使おうとしたところ、白い煙が出た後、風がまったく出なくなりました。

 

もう10年以上使っていたドライヤーで、髪を乾かすことよりも、どちらかというと、アクリルガッシュを乾かすのに使用していたことを思い出すドライヤー。

 

イラストを描きはじめた初期のころは、アクリルガッシュという絵の具で絵を描いていて、綺麗な平塗りになるように頑張っていました。

 

色を塗ったら、ドライヤーで乾かすという作業を延々としていましたが、まあ、平塗りなんて、今はコンピュータを使えば簡単ですもんね。

 

はじめて「Photoshop」をさわったときは、色塗りのラクさに愕然としましたヨ。あんだけ頑張っていた平塗りが、一瞬で出来るじゃないかと。

 

そんなことを思い出すドライヤーが壊れたことに、少々寂しい気持ちもありつつ、早速、新しいドライヤーを購入しました!

 

パナソニックさんの「EH-NE23」というものなのですが、以前に使用していたものよりも音が静かになっていますね。
マイナスイオンが出ているそうで、使用後は、なんとなく清々しい気分になるような気もしていますヨ。

年賀状を書く

12月の中旬はちょこっとバタバタっとしてしまいましたが、なんとか無事に納品が終わりました!

 

ちょうど良いタイミングで入ったお仕事の打ち合わせも、今週の水曜日に完了!

 

この調子で、気を抜かずに年末のお仕事も頑張ろうと思っています。

 

その間に、ちょこちょっと年賀状も書いています。

 

一応、すでにイラストを描いて印刷も終わっているのですが、宛名を書くところで、結構時間が掛かっちゃうんですよね。
なんとか27日くらいまでには投函出来たら良いな、と思っています。

 

そうそう、明日はクリスマスイブですね。
皆さま、素敵なクリスマスを。

Nevermind Deluxe Edition / Nirvana

90年代に活躍したアメリカのロックバンド、Nirvanaが1991年に発表した2枚目のアルバム「Nevermind」の20周年記念盤が、少し前に発売されましたね。

 

最近、この手の企画盤が多いのですが、内容としてはリマスターをした音源の他、シングルB面曲やリハーサル音源、ライブ音源などを追加したものとなっています。

 

Nirvana以外にも、Primal Screamの「Screamadelica」や、Smashing Pumpkinsの「Siamese Dream」などもDeluxe Editionが発売されていて、当時聴いていたファンとしてはこういった企画盤は嬉しい気持ちもありつつ、BOXで発売されたりもするので、とにかく困るんですよ(主に金銭的な問題。あと置き場所も)。

 

「Nevermind」の20周年記念盤は、2枚組CDの「Deluxe Edition 」と4枚組CD+DVD1枚付きの「Super Deluxe Edition 」というBOXの2種類出ているのですが、悩んだ末「Deluxe Edition 」のほうを購入。

 

というわけで、早速聴いてみたところ、一音一音くっきりしていて、オリジナル盤よりも生々しく聴こえますね。
オリジナル盤の綺麗な音も好きなのですが、リマスター盤のほうが本来のNirvanaっぽい感じもします。

 

あと、10分待たず、すぐに「Endless, Nameless」が聴けるようになっていますね。
これは、嬉しいような、残念なような…。

皆既月食

昨日は皆既月食でしたね。

 

というわけで、カメラでパシャリ。

 

でも、カメラの性能が良くないので、←の画像のようなものしか撮られなかった…。

あ、一応、画像左上の小さな白い部分が、欠けていくお月様です。

最近読んだ本

驚いたことに、2011年も残すところ1ヵ月もないのですね。
毎年言っていることだと思いつつも、今年は特に早く感じました。
急に寒くもなりましたが、お風邪など引かれたりしないよう、どうかお気を付けて下さいね。

そのようなことを書いた自分が風邪を引いてしまったりしそうなので、僕も気を付けます!

 

というわけで、最近読んだ本を5冊。

 

■さよなら!僕らのソニー / 立石泰則
ソニーがどのように今のソニーになってしまったのか書かれているノンフィクション本。
昔のソニーを好きな方は、今のソニーに対して歯痒い気持ちになっているんじゃないかと思うのですが、そんな気持ちの伝わる、とても面白い本でした。
個人的に、ソニーが「AIBO」の開発事業から撤退してしまったことが、今でも悲しいです。

 

■リラックマ 4クママンガ 2 / コンドウアキ
2巻もとても面白かったです。
コリラックマさんが大好きです。

 

■荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 / 荒木飛呂彦
「ジョジョの奇妙な冒険」で有名な漫画家、荒木飛呂彦のホラー映画紹介の本。
本の前書きに、ホラージャンルでは決してない「プレシャス」という映画を「ホラー映画だと思う!」と書かれていたので、本編は一体どのような映画が紹介されているんだ!?と恐ろしくなりましたが、ちゃんとホラー映画の紹介でした。
確かにジャンルがホラーではなくても、恐ろしくなる映画ってあるんですよね。
個人的には、日本映画の「誰も知らない」が、観ている間、本当に恐ろしかったですよ。

 

■福島第一原発事故 衝撃の事実 / 高橋啓三 手島佑郎
「衝撃の事実」などと刺激的なタイトルが付いているものの、内容としては、原発事故後、どのように対応をしたのかを時系列で冷静に書かれています。
事故後に発売された原発関連の本をいくつか読みましたが、この本が一番良かったです。

 

■漆とジャパン 美の謎を追う / 三田村有純
BSで放送していた漆器についての番組が面白かったので、何か一冊、漆関連の本を読みたい!と思い購入。
漆について様々な考察がされていて、漆という言葉自体にも、なぜ「うるし」と呼ばれるようになったのか、色々な説があるそうです。
その中で、ウルワシ(麗し)が転訛したという説が一番素敵だなと思ったのですが、なんだか濃厚な説ではないようです。残念…。

地デジ映像をDVD-Rに焼く

2年ほど前、地デジ対応のHDD・DVDレコーダーを購入しました(東芝さんの「RD-S304K」という機種)。

 

使い方としては、映画などをHDDに録画、DVDはレンタルや購入したものを観るだけで、DVD-Rへのコピー機能は使ったことがなかったのですね。

 

先日、HDDに録画したTV関連のイラストのお仕事を、そろそろDVD-Rに焼こうと思い、レコーダーのコピー機能を使ってみたのですが、「コピー禁止部分を含むため、このDVD-Rに記録出来ませんからね☆」的なメッセージが画面に表示されて、なぜかコピーが出来ないんですよ。
そういえば、地デジには「ダビング10」という、コピーガードみたいものが掛かっているといった話を思い出しました。

 

ネットで調べてみると、この「ダビング10」には、デジタル放送録画に対応したDVD-Rを使用しなければいけないとのこと。

 

えっ、普通のDVD-Rが使えないの!?
その前に、デジタル放送録画に対応したDVD-Rというものが存在するの!?

 

なんてことに驚きつつ、早速、デジタル放送録画に対応したDVD-Rを購入(そのようなものが、どこで売っているんだ!?と思っていたのですが、近所のコンビニさんでも売ってましたヨ)。

 

というわけで、早速、デジタル放送録画に対応したDVD-Rへのコピーを試みる。
が、これまた「コピー禁止部分を含むため、このDVD-Rに記録出来ませんからね☆」的なメッセージが画面に表示される…。

 

絶望的な気持ちになりつつも、再度、ネットで調べてみたところ、焼く前に、DVD-R自体にフォーマットが必要とのこと。

 

それでもコピー出来なかったらどうしよう…と、かなりドキドキしつつ、フォーマットしたDVD-Rで再度試してみたところ、無事にコピーが出来ました!

 

なんて不親切なシステムなんだ!とも思ったのですが、後でレコーダーの説明書を見てみたところ、それらのことはちゃんと書いてありましたね。
いや、だって、説明書を読むの面倒なんだもの…。