minimum universe
minimum universe
instagram
twitter
behance

HOMELY GIRL / スコットとリバース

昨日は風がホント強かったですね。
家を出てすぐに強い風で傘がひっくり返ったのですが、少し前を歩いていた方は同じビニール傘なのに、傘がひっくり返ることもなく平然と歩いていたのですよ(しかもスマートフォンを操作しながら)。

 

たぶん何かコツがあるんだろうと思い、慌てて傘をもとに戻しつつ、とりあえず同じような持ち方(傘の中棒を肩に置く)をして歩いてみたところ、そのようなことは全く無駄に、またしても風で傘がひっくり返った…!

暴風雨の中、一体どうしたらあのように平然と歩くことが出来るのか、結局最後まで分かりませんでしたヨ。

 

というわけで「スコットとリバース」。

 

このお二人は「スコットとリバース」という名前のように外国人なのですが、少し前に日本語曲のアルバムを発売したのですね。

 

「スコットとリバース」の「リバース・クオモ」さんは、「Weezer」というアメリカのロックバンドで活動されている方で、2ndアルバムが好きでよく聴いていましたよ。

 

↓この曲が一番有名なのかな「Island In The Sun」
http://www.youtube.com/watch?v=0C3zgYW_FAM

 

↓2nd収録のこの曲が大好きです「El Scorcho」
http://www.youtube.com/watch?v=okthJIVbi6g

 

もう一人の「スコット・マーフィー」さんは、アメリカのポップなパンクバンド「ALLiSTER」で活動されている方で、日本の曲のカバーアルバムを何枚も出しています。

 

聴いたことのあるカバーの中では、「スピッツ」の「チェリー」がとっても好きだな。

 

この曲、パンク的なアレンジなんかしちゃうと駄目な曲だと思っていたけれど、不思議と原曲の雰囲気を壊していないのですよね(YouTubeにオフィシャルな音源がないのでリンクは貼りませんが、「ALLiSTER チェリー」で検索を)。

 

ちょこっと横道に逸れて、このように日本の曲をカバーしているパンクバンドに、イギリスの「Snuff」がいますね。

 

僕が聴いていたことがあるのは「かたつむり」をカバーした3rdアルバムまでだったので、数年前、夕方のテレビの情報番組内のコーナーにて、日本語曲をカバーする少々変なバンドとして紹介されていたときは驚きましたヨ。

 

いつの間にか「ガンダーラ」や「泳げ、タイヤキ君」、「六甲おろし」など、なんともシブめな日本曲のカバーもするバンドになっていたのですが、個人的には「アンパンマンのマーチ」のカバーが良いです。なんだか聴いていて泣きそうになるんですよね。

 

あと、日本語を使用したオリジナル曲だと、「QUEEN」の「Teo Torriatte」が有名ですかね。

 

歌詞の半分くらいは英語だけれど、「フレディ・マーキュリー」の歌う日本語が素敵で、とっても良い曲ですよね。
話戻って「スコットとリバース」。

 

数年前、「リバース・クオモ」が日本人女性とご結婚をされたという話は訊いたことがありましたが、まさか日本語アルバムを丸々一枚制作するなんて思いもしませんでしたよ。

 

アルバムを購入しようか悩みつつ、とりあえず「iTunes Store」にてシングルとしてリリースされている「HOMELY GIRL」を購入してみました。

 

一体、どのような曲になっているんだろうとドキドキしつつ聴いてみたところ、「Weezer」っぽさも残しつつ、J-POP風味な楽曲ですね。非常に若々しい楽曲にビックリですヨ。

 

PVもとっても可愛いらしいな。
↓「HOMELY GIRL」
http://www.youtube.com/watch?v=_cK1G-Tv5Yw

Forever Endeavour / Ron Sexsmith

2年ぶりにリリースされた、カナダのシンガーソングライター「ロン・セクスミス」の新作「Forever Endeavour」を聴いてみました!

 

前作「Long Player Late Bloomer」は、ハードロック系のプロデューサー「ボブ・ロック」を迎えて制作されたとってもポップなアルバムで、個人的に、近年の「ロン・セクスミス」のアルバムでもお気に入りのアルバムなのですが、今作はガラッと変わって、デビューアルバムから何度も「ロン・セクスミス」のアルバムを手掛けている「ミッチェル・フレーム」がプロデュース(その昔、日本人アーティストの「チボ・マット」のアルバムなんかも手掛けたことがあります)。

 

そんな「ミッチェル・フレーム」プロデュースの今作は、歌とアコースティックギターを核にストリングス添えるといった構成の、とてもシンプルなアルバムとなっています。

 

もしも、今作も「ボブ・ロック」がプロデュースをしたのなら、一体どのようなアルバムになっていたのかちょこっと興味もあるけれど、前作のカチカチっと作られたアルバムとは対照的に、柔らかさを感じる、聴いていてとっても心地の良いアルバムですね。

 

そんなアルバム1曲目「Nowhere To Go」↓
http://www.youtube.com/watch?v=1DzLHWtGW0g

 

個人的には、この1曲目と10曲目の「Me Myself and Wine」が好きだな。

 

そうそう、そういえば、2年前「Love Shines」という、「ロン・セクスミス」のドキュメント映画が制作されましたね。
楽しみにしていたのですが、日本での映画の公開はなく、もちろんDVDなどでも未発売のまま。

 

日本でもDVDくらいは発売してくれるかも…と期待していたけれど、うむむ、なんだか無理そうですね。

 

http://www.youtube.com/watch?v=s-hVxqBidkU

Cut Me Some Slack / McCartney. Grohl. Novoselic. Smear

月曜日の雪、まさか、あれほどまで積もるとは思っていなかったのですが、雪が積もるのって、大人になってもちょこっとワクワクしますな。

 

でも、次の日以降の凍結した地面がとっても恐ろしいんですよね。

 

今日も滑って大変なことになりかけましたヨ。皆さんもどうかお気を付けて下さいね。

 

というわけで「Cut Me Some Slack」。

 

昨年12月12日のハリケーン・サンディのチャリティ・コンサートにて、元「Nirvana」のメンバーのデイヴ・グロール、クリス・ノヴォゼリック(あと、パット・スメアも!)とポール・マッカートニーがライブで共演するというニュースがありました。

 

ポール・マッカートニーと「Nirvana」だなんて、なんだか、とんでもなく食べ合わせの悪い組み合わせのようにも感じつつ、当日はネットでもライブを配信するということで、もちろん観ましたヨ。

 

ポール・マッカートニーが「Smells Like Team Spirit」でも歌い出したらどうしよう…とドキドキして観ていたところ、意外な事に、「Cut Me Some Slack」というタイトルの新曲を演奏。

 

曲調は「Nirvana」というよりも、デイヴ・グロールのバンド「Foo Fighters」+「The Beatles」(特に後半!)的な楽曲ですかね。

 

一夜限りの「Nirvana」再結成というより「デイヴ・グロール & ポール・マッカートニー バンド」といったほうが近いかも。
もちろん、ポール・マッカートニー以外、演奏者が元「Nirvana」メンバーなので、「Nirvana」っぽさも感じますが。

 

デイヴ・グロール(「Foo Fighters」ではギターとヴォーカルを担当)が、「Nirvana」時代と同じにドラムを担当していたのですが、相変わらずパワフルなドラムで素敵だなぁ。

 

いつの間にか、スタジオ録音版がiTunes Storeでも配信されていたり、↓のYouTubeでもフルで聴くことが出来ますね!

 

http://www.youtube.com/watch?v=jBd9330h9kI

 

この曲は「Sound City」という音楽ドキュメンタリー映画のサントラ曲だそうです。
驚いたことにデイヴ・グロールがこの映画の監督なのですって。

 

予告編映像を観てみると「Metallica」のラーズも出ていたりと、とっても面白そうだな。

 

http://www.youtube.com/watch?v=HQoOfiLz1G4

博愛博 2012 / 中村一義

昨日、中村一義の日本武道舘でのライブ「博愛博 2012」に行ってきました!

 

出演者は、自身のバンド「100s」の他、「くるり」、「サニーデイ・サービス」、「Base Ball Bear」といった構成で、中村一義のバックとして、それぞれのバンドが5曲くらいずつ演奏。

 

この方式、想像以上に面白かったです。

 

今回初めて聴いた「Base Ball Bear」も、いつもの「100s」良かったのですが、やっぱり「サニーデイ・サービス」と「くるり」の演奏にはドキドキしましたね。

 

「くるり」パートは、「くるり」の2人と玉田豊夢(100S ドラム)、中村一義といった4人編成で、今回の武道館1回だけというのは、なんだかとても勿体無くも感じましたヨ。

 

新しいアルバムからは、「ウソを暴け!」と「歓喜のうた」を聴く事が出来ました。

 

あと、佐野元春のカバーを演奏するというMCがあって、「約束の橋」あたりをやるのかな?と思っていたら、ド直球で「SOMEDAY」を演奏。

 

「太陽」と「世界のフラワーロード」からの曲が聴けなかったのはちょこっと残念だけど、今まで観た中村一義のライブの中では一番良かったな。

 

セットリスト(たぶん)
■Base Ball Bear
1, 2, 3 / Base Ball Bearの曲 / セブンスター / 虹の戦士 / 希望
■サニーデイ・サービス
青春狂走曲 (サニーデイ・サービス) / 謎 / NOW (サニーデイ・サービス) / まるさんかくしかく / ハレルヤ
■くるり
犬と猫 / ここにいる / ジュビリー / ロックンロール (くるり) / ショートホープ
■100s
Honeycom.Ware / ウソを暴け! / SOMEDAY (佐野元春カバー) / 君ノ声 / 永遠なるもの / キャノンボール / ロックンロール
■アンコール(全員出演)
歓喜のうた

楽演2012名古屋 / 中村一義

今日も寒いですね。
11月からバタバタっとしていたのですが、なんとか一段落。

 

12月の後半は通常営業でお仕事を出来そうです。

 

ああ、そうだ年賀状!まだイラストも描いていない…。

 

というわけで、本日、中村一義がサニーデイ・サービスと共演した、名古屋公演のライブ音源がネット配信されたので聴いてみました(配信が「iTunes Store」ではなく「vibirth」というサイトだったので、登録がちょこっと面倒でしたヨ)。

 

配信された曲は「ここにいる」、「街の灯」、「青春狂走曲(サニーデイ・サービスの曲)」の3曲。

 

中村一義の初期の曲に、サニーデイ・サービスがとっても合ってますね。

 

このサニーデイ・サービスとの名古屋公演はとても良かったそうで、急遽、11月の頭に下北沢でも番外編をやるというので、チケットを予約したのですが、見事にハズれた…!

 

なんとも残念だと思っていたら、武道館公演にもサニーデイ・サービスが出演しますね!

 

名古屋公演のセットリストを知らないのですが、中村一義のアルバム「太陽」収録の「歌(曽我部恵一がギターで参加)」も演奏したのかな?

是非とも武道館で聴きたいな。

 

あと、サニーデイ・サービスのアルバムでは「24時」が好きなので、そこらへんの曲もやってくれると良いなぁ。

Somebody That I Used To Know (feat. Kimbra) / Gotye

Gotye(ゴティエ)さんというオーストラリアのシンガーソングライターの曲「Somebody That I Used To Know (feat. Kimbra)」をiTunes Storeで購入しました。

 

ヴォーカルも素敵なのですが、なんだかとても耳に残るメロディなのですよね。

 

難解で観念的な歌詞だと想像していたけど、「電話番号を変えやがって、他人みたいな素振りをしやがって、ちょーむかつく!」(超訳)などと、別れた女性のことをグチグチっと言っている内容でした(YouTubeに日本語字幕付きのPVがありましたヨ)。

 

Somebody That I Used To Know(日本語字幕付き)↓
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Z-zMYV1fVqU

 

カメラが引いて、ただの知り合い(元カノ)が登場するシーンは、とってもドキドキしちゃいますな。
今度、アルバムも聴いてみよう。

Oceania / The Smashing Pumpkins

いつの間にか発売されていたアメリカのロックバンド「スマッシング・パンプキンズ」の新譜「オセアニア」を聴いてみましたよ!

 

2005年に再結成以降って(2000年に一度解散)、個人的にはちょこっと迷走しているように感じていましたが、今回のアルバムはとっても良いですね(3曲目「The Celestials」と8曲目「Oceania」がお気に入り!)。

 

昨年ニュースにもなったように、現ベーシスト「ニコール・フィオレンティノ」は、1993年に発表されたアルバム「サイアミーズ・ドリーム」のジャケット写真の女の子なのですってね。

 

ニコールさんは、ジャケットに写る、どちらの女の子なんだろう?
http://ro69.jp/blog/miyazaki/48070

 

とにかく、ジャケット写真の話を隠して、オーディションを受けて合格したなんて、なんとも素敵なお話ですね。

 

ボーカル、リードギターの「ビリー・コーガン」さえいれば、なんとかなってしまうバンドのようにも思いますが、今現在、「ビリー・コーガン」以外、オリジナルメンバーがいないのは少々哀しいので、今度こそ、今のメンバーで長いこと活動してくれると良いなぁ。

 

そうそう、オリジナルメンバーのギタリスト「ジェームス・イハ」(以前、CHARAに楽曲(「マドリガル」収録曲)を提供+プロデュースをしたこともある)が、今年の3月に、ソロアルバムを発表したそうですね。

 

なんと、ソロアルバムは1stから14年ぶりだそうですが、1stアルバムも素敵だったので、今度、2ndアルバムも聴いてみよう。

対音楽 / 中村一義

少し前の発売された、中村一義のアルバム「対音楽」を聴きました。

 

ソロ名義としては約10年ぶりのアルバムで、今回は、ベートーベンの交響曲第1番から第9番までのフレーズを曲順に織り込まれているという、コンセプトアルバムとなっています。

 

アルバムバージョンとしてクレジットされている「ウソを暴け!」、「運命」、「流れるものに」のシングルバージョンとの大きな違いは、イントロとアウトロに、もしくはそのどちらかに音が足されているところですかね。

 

普段の中村一義ならば、その部分をインタールード的な、短い別の曲としてクレジットするところ、今回はベートーベンの1番から第9番という縛りがあったため、その部分を含め1曲にしたという感じでしょうか。

 

あと、弾き語り曲として発表されていた「愛すべき天使たちへ」は、音を足された豪華バージョンとなっていますね。

 

シングルで発表した曲以外の収録曲の中では、美しいメロディ爆発の「銀河鉄道より」や第九のフレーズを大胆に配置した「歓喜のうた」も好きですが、個人的に一番は「黒男」。

この曲の元ネタは、BECKの「Modern Guilt」ですかね。

 

シングル曲を含めるなら、やっぱり「ウソを暴け!」が断然好き。

 

「ウソを暴け!」のような、初期中村一義の得意としていたビートルズ的な楽曲をこれからも作ってほしいな。
アルバム全体としては、100s名義の前作「世界のフラワーロード」に比べ、何度もリピート出来る、とても聴きやすいポップなアルバムになっていますね。

 

「運命」はアルバムの中の1曲として聴いたほうが、不思議ともっとよく感じるなぁ。

 

あと、初回版として、中村一義自身がアルバム全曲を解説するDVDが付いていました。

 

自身の曲を解説しちゃうのもどうなんだ…?と思いつつ、観てみると、ほとんどベートーベンについて語っているという内容だった!

 

ベートーベンについて全く知りませんでしたが(少し前に読んだ「ルードウィヒ・B」」の知識のみ)、確かに魅力的なエピソードが満載ですね。

 

細かなエピソードでは、音楽家で最初にメトロノームを使用したのがベートーベンなんですって。
今度、ベートーベンについて書かれた本を読んでみよう。

 

そうそう、武道館でライブをやるんですってね。

 

10年前の武道館ライブに行きましたが、その後の100s名義のライブを含め、一番良かったな。
ただ、年末ということで、まだ全く予定が分からないのが辛い…。

 

でも、チケット買っちゃうぜ。
100s名義の前作「世界のフラワーロード」の時はライブをやらなかったので、是非とも「世界の私から」と「最後の信号」を生で聴きたいな。ん?100sの楽曲ってやるのかな…?