minimum universe
minimum universe
instagram
twitter
behance

世界は変わる / 中村一義

リオオリンピックが始まりましたね。

 

昨日は卓球の福原愛の試合を観ました。
今回は初戦からホント凄くて、昨日もまさかストレートで勝つなんて思いもしませんでしたヨ。
この調子でなんとかメダルを獲ってほしい!

 

と、この方ほど日本中から思わせる選手はいないんじゃないかな?

 

あとサッカーU23!
初戦のナイジェリア戦の結果は残念でした。この試合、単純に日本の自爆ですよね。

 

このままコロンビアとの2戦目も良いとこなしで終わりかな?と思っていたら、いやホント面白い試合だった!
藤春のボール処理は残念だったけれど、あの瞬間、集中力がかなり低下していたのでしょうね。

 

明日の試合で藤春はスタメンなのかな?このままでは終わらずに活躍してほしいな。
とにかく、スウェーデンとの試合、良い結果を楽しみにしています。

 

というわけで、中村一義の配信限定の新曲「世界は変わる」。

 

http://kikagaku.com/news/20160810release/

 

少し前にアルバムを出したばかりだし、まさか新曲が聴けるとは想像しませんでしたヨ。
驚くのが、なんと今回の曲は「エンドライド」というアニメのエンディングテーマ。

 

中村一義がアニメとのタイアップだなんて、これはビクター移籍の効果なのかっ!?
とにかく、このような感じで中村一義の新曲が聴けるなんて嬉しい。

 

でも勝手な心配してしまうのが、アニメを観てはじめて中村一義の曲を聴いた方の反応。
中村一義の声って、ワイルドでもないし、色っぽくもないし、決して王道的なものではないのですよね。

 

特徴的なあの声が魅力でもあるのですが、どんな感じに聴こえるのでしょう?
僕がはじめて聴いたとき、うっすら記憶にあるのが、ものすごく声が高い!といった印象でした。

 

なんてことを思いつつ、昨日iTunes Storeでリリースされたので早速購入。
今回の曲は高い音域を使わずにとても歌いやすい素直でシンプルな曲ですね。

 

中村一義の曲って、大抵歌詞カードを見ないと何を歌っているのか不明な部分が多いけれど、この曲は普通に理解が出来ます。
でも、正確な歌詞を知りたいので、曲をダウンロードした時に付いていた「Digital Booklet」を開いたところ、ライブの写真だけで歌詞がない…!あと、クレジットもない…!

 

いやいや、せめて歌詞は載せようよ!と思いつつ、ネット検索してみたら、すでにUta-Netにありました。
http://www.uta-net.com/song/212837/

 

「人ひとりから世界は変わる。」や「バカを言ってたって、笑って進む。」など、中村一義のずっと変わらない部分ですね。
こういった言葉を普通に歌ってしまうところが好きです。

 

曲のテイストは100s名義のアルバム「世界のフラワーロード」収録の「空い赤」に近いかな?