minimum universe
minimum universe
instagram
twitter
facebook
behance

micro HDMI変換アダプター

先週の土曜日は学生時代の友人に誘われて、埼玉スタジアムに浦和レッズの試合を観に行って来ましたよ。

 

普段、友人は5人のメンバーで観戦しているとのことですが、その中の一人来られないということで、その席にて観戦(とっても良い席!)。

 

今年の序盤、浦和は非常に良い成績だったけれど、なぜか途中から勝てなくなってしまいましたね。
ACLをはじめ、とにかく踏んだり蹴ったりの状態が続き、某女性議員さんに絡まれ出したときには、お祓いでもしてもらったほうが良いのでは…と心配になりましたよ。

 

監督が交代してからは悪い状況から抜け出したのかな?やっぱり浦和の前線のパス回しからのゴールは魅力的!
が、土曜日の柏との試合ではあんまり良くなかった…。

 

でも、あらためて思うのが興梠は良い選手!
あと、Jリーグで1番好きな選手が阿部勇樹なので、阿部勇樹在籍中になんとか浦和に良い結果を出してほしいのですよね。

 

というわけでHDMI micro変換アダプタ。

 

使用している東芝の8インチのWindowsタブレット「VT484」にはHDMIの出力端子が付いているのですね。
今更ながら、タブレットの画面を大きなモニターに出力出来るということで、100円ショップにてmicro HDMI変換アダプタを購入(お値段200円)。

 

早速、モニタ→HDMIケーブル→micro HDMI変換アダプタ→VT484で接続!
が、タブレットの画面をそのまま表示するクローン表示が出来ない…!

 

調べてみたところ、BIOSのアップデートなどが必要とのこと↓
http://dynabook.com/assistpc/faq/pcdata2/015208.htm

 

HDMI(micro)出力端子でテレビや外部ディスプレイに接続時、クローン表示(複製)が行なえない場合がある<dynabook Tab VT484 シリーズ>

 

「BIOSのアップデート dynabook tab VT484シリーズ」と「Intel Platformのアップデート dynabook tab VT484シリーズ」をアップデートしたところ、無事にクローン表示が出来るようになりました。

 

ただ、この変換アダプタを使うと「VT484」のmicro HDMI端子の隣にあるUSB端子が、変換アダプタの大きさが邪魔して使えなくなってしまいます。

 

USB端子も同時に使用する場合は、ここらへんを気をつける必要がありますね。

Quick Charge 2.0のUSBケーブル

昨日も今日も外に出るときは長袖でも良いんじゃないかと思うくらいの気温ですね。
でも、実際に外に出るとそんなことはないけれど。
とにかく、このくらいの気温をキープした日が続くといいなぁ。

 

というわけで「Quick Charge 2.0」のUSBケーブル。

 

使用しているスマートフォン「Xperia X Performance」が「Quick Charge 2.0」という高速に充電する規格に対応しているということで、「Quick Charge 2.0」対応のACアダプターを使用しているのですね(SONYのUCH10)。

 

先日、充電をしてみたところ、ちゃんと充電されていなかったのですよ。
ACアダプターが壊れてしまったのかと慌てつつ、とりあえずUSBケーブルを別のものに交換してみたところ、普通に充電出来ました。
ACアダプターではなく、USBケーブルが問題だったようですね。

 

安心しつつも、そもそも「Quick Charge 2.0」のACアダプターに使用するUSBケーブルはなんでも良いのかネットで調べてみました。
USB2.0規格のものならば大丈夫そうな気もするけれど、なんだかよく分からない…!

 

悩んだ末、最終的に「Quick Charge 2.0」に対応と表記されている「Aukey(パソコン部品を販売する中国の新しいメーカーなのかな?)」のUSBケーブルを購入。

 

早速、このUSBケーブルで充電してみたところ、普通に充電出来ています。
あ、そうそう、「Quick Charge 2.0」のACアダプターは、「Quick Charge 2.0」に対応していないスマートフォンやタブレットで使用しても問題ないそうですね。

 

ネットで調べてはじめて知りましたヨ。

ポケモン キーボード

今日も暑いですね。

 

でも、何日か涼しい日を挟んでいたので、ちょこっとラクですね。
8月も涼しい日があるパターンだといいな。

 

昨日はテレビで放送していた「ジュラシック・パーク」を久しぶりに観ました。
あらためて、とっても面白くて素敵な映画ですね。

 

この映画にも登場するティラノサウルス、今も続々と新説が出ていますね。
親子の集団で狩をしていた説や、死体を漁るスカベンジャー説、全身が羽毛で覆われていた説なんかを聞いた時は、なんだか非常にガッカリとしましたよ。

 

いや、ガッカリしつつも新しい説にはワクワクもする気持ちもあるけれど、ティラノサウルスのイメージは、やっぱり、この映画の一匹狼的な感じが一番好きだな。

 

というわけで、ポケモン キーボード。

 

ニンテンドーDS用のタイピングソフト「バトル&ゲット ポケモンタイピングDS」に付属しているBluetooth接続するキーボードなのですが、スマートフォンやタブレット、PC、Macなどにも接続出来ます。

 

評判が良いキーボードらしくて中古でもなかなかの値段のするけれど、箱無しのものが格安で売られていたので、今更ながらポケモン キーボードをゲットしましたヨ。
早速、使用している「Xperia X Performance」と接続!

 

少し前からはじめたInstagramはMacからも投稿出来れば良いのですが、スマートフォンからしか投稿出来ないのですね。
スマートフォンでの文字入力が苦手で、文字入力がとってもモタモタっとしていたけれど、キーボードを使用することで文字入力が速くなりましたよ。

 

このキーボードの大きさは横幅が26cmくらいの小さめなサイズですが、非常に打ちやすいですね。

スーパーマリオ ラン

昨年、登録しているイラストサイトでメールアドレスの流出があったのですね。

 

迷惑メールと無縁のアドレスでしたが、それ以来、朝にメールを確認すると、そのメールアドレス宛てに英語で書かれた迷惑メールが200通くらい届いているのですよ。

 

もちろん日中も頻繁に届くのでウンザリしていたけれど、ここのところ、ようやく一日に届く迷惑メールの量が減ってきました。
このまま、一通も来なくなるといいな。

 

というわけで「スーパーマリオ ラン」。

 

Android版は3月リリースということで、先にリリースされているiOS版の「スーパーマリオ ラン」をiPod Touch 5にダウンロードしてみました!

 

まさか、任天堂のマリオがスマートフォンやタブレットで遊べるなんて思いもしませんでしたヨ。

 

基本的には、自動的にマリオが右方向に進んでいて、こちらはタイミングに合わせてジャンプをするだけなのですが、慣れてくるとジャンプ中にも色々な動きが出来たりと面白い!

 

iPod Touch 5では動きが遅くなるんじゃないかと心配だったけれど、普通にサクサクっと動いています。

 

1,200円で全部のステージを遊ぶことが出来るのですが、Android版とiOS版のどちらにするか悩むところです。
購入したらAndroid版とiOS版のどちらでも遊べるようになると良いんだけどね。

Xperia X Performanceに機種変更

今日は雪が降りましたね。

 

昨日の天気予報で明日は雪が降ると大きく取り上げていましたが、こういった場合、大抵は降らないのですよね。
と思いつつ、朝に窓から外を見たら、おもいっきり雪が降っていた!

 

というわけで「Xperia X Performance」。

 

2012年に発売されたDoCoMoの「Xperia acro HD SO-03D」をSIMロック解除して、SoftBank回線でずっと使用していたのですね。
不満の少ない端末でしたが、ここ最近、メールアプリを開くだけでも時間が掛かっていたのですね。

 

しかも、Googleマップなどの使用後には、デスクトップに並んでいるアイコンが消えて壁紙だけの状態になり、その後、またアイコンが並び始めるというプチ再起動(?)状態になるのですよ。
アップデートの度にどんどんアプリが重くなっていくし、2012年に発売された端末のCPUではさすがに厳しいのですね。
そろそろ限界ということで、先日機種変更しました。

 

「iPhone」を含めて変更する機種に悩みつつ、最終的に「Xperia X Performance」にしましたヨ。
「Xperia acro HD SO-03D」を使い始めたころはSoftBankからソニー製端末は出ていなかったけれど、今はSoftBankからソニー製端末が売られているので、もちろんSoftBankの「Xperia X Performance」を購入。
当たり前の話、サクサクと動きますね。

 

メールアプリも一瞬で開く!
ええ、読んでいる方には非常にばかばかしい話だと思うけれど、とっても感激!

 

ネットのレビューを読むと、バッテリーの持ちが悪いという話があったのですが、個人的にはそこまでバッテリーの持ちが悪いとは感じないかな?

 

「SO-03D」はUSB端子などをキャップで保護することで防水となっていたけれど、「Xperia X Performance」にはキャップがない!?
ちゃんと防水出来るのか心配しつつ調べてみたら「キャップレス防水」と言うのですって。
充電の時にキャップを外す必要がないのがラクです。

 

そうそう、あと「SO-03D」にはバッテリーの残量問題があったのですね。
100%充電されたと表示されていても実際には70%くらいしか充電されていなかったりするのですよ。
対処法としては「SO-03D」の電源を落として30分くらい放置。

 

その後に再起動すると正確なバッテリーの残量が表示されるのですね。
「SO-03D」の前に使用していたソニーエリクソンの「S51SE」でも同じ問題があったので、端末ではなくandroid OSの問題だとと判断していましたが、そういった問題は、今のところ「Xperia X Performance」ではありませんね。

 

ネットで調べつつ設定をしていったところ、重くなった端末は、SDカードに全データをバックアップ後にスマートフォンを初期化して、その後にバックアップデータを復元すると動きが軽くなるという記事を発見。

 

ああ、この方法を使えば「SO-03D」も少しは軽くなったのですかね?
時間があるときに「SO-03D」で試してみたくなりましたヨ。

iPod Touch 5でポケモンGO

もうすぐオリンピックが始まりますね。

 

どの競技も熱中して見ちゃうと思うのですが、ここのところのニュースでは、リオの治安に問題があるとの報道も聞きますね。
なんだか不安になるけれど、終わるまで何事もないと良いな。

 

というわけで「iPod Touch 5」で「ポケモンGO」。

 

使用しているスマートフォン「SO-03D」では「ポケモンGO」が対応していないのですね。
かなり古いスマートフォンなので、そろそろ機種変更をしたいなと思いつつ、とりあえず「iPod Touch 5」に「ポケモンGO」をインストールしたところ、起動はするものの、画面をタップしても無反応なのですよ。

 

ここまでは以前のブログで書いたけれど、その後によ〜く画面を見ると、地図が表示されていないようなのですね。
ここらへんに原因があるかも!と、Googleマップを開いて位置情報をONにしたところ、その後は「ポケモンGO」でも地図が表示されるようになりました。わ〜い。

 

これが話題の「ポケモンGO」かっ!と感激しつつ、早速遊んでみたところ、モンスターボールを投げた瞬間にアプリが落ちますね。
それどころか、通常画面をタップするだけでも落ちるときがある…!

 

さすがにこれではゲームは出来ないかな…?
現行モデルの「iPod Touch 6」ならば、もっとちゃんと動くかもしれませんね。

 

たた、どの道iPod TouchにはGPSが搭載されていないので(画面の上にずっと「GPSをさがしています」とメッセージが出ています)、ゲームを進める上でここらへんが何かネックになるかもしれません。

iDesign

いつの間にかAdobeがiOS用のアプリを沢山出していますね。

 

久しぶりにApp Store見てみたところ、なんと「Adobe Illustrator Draw」というアプリがありました。

 

おおっ「Adobe Illustrator」がiOSで使える!
ちょっとした小物イラストをiOS上で描いて、そのデータをMac上の「Adobe Illustrator」に持って来られたりしたら面白そうですよね。

 

早速インストールしてみたところ、残念なことにペンを使って描くタイプのアプリでした…!(開発中止となった「Adobe Ideas」の後継アプリですね)

 

こうなると、なんだか無性にiOSなどのモバイル端末にて、ベジェ曲線の絵が描きたくなってくる!
そもそも、ベジェ曲線を使えるアプリってあるのか…?と思いつつ検索してみたところ、iPhoneやiPod Touchでも使えるアプリでは「miniDraw 2 」と「iDesign」というアプリがありました(iPad専用では「Inkpad」や「iDraw」といったアプリもありますね)。

 

小さい端末で描きたいということで「miniDraw 2 」と「iDesign」のどちらにしようか悩みつつ、日本語化されている「iDesign」を購入(お値段960円)。
https://itunes.apple.com/jp/app/idesign/id342790226?mt=8

 

早速インストールしてイラストを描いてみました。
もっと遅い動作になると思っていたけれどサクサク動きますね。

 

ツールの種類も豊富で、コピーペースト、やり直し、元に戻す、グループ化、レイヤーなどはもちろんのこと、線の終点の種類や線のコーナー、グリッド、スナップも使えます。
ただ、ツール類がゴチャゴチャっとしているので、お目当てのツールを選ぶのがとても大変(画面の大きさを考えると仕方がないけれど)。

 

マウスを使って大きな画面で描くほうが100倍ラクだっ!と思いつつ、指でベジェ曲線を扱うのはとても楽しいですね。
そうそう、非常に便利な機能が画面左下にあるオブジェクトやアンカーポイントの移動キー。

 

「Adobe Illustrator」でも個人的によく使う機能なのですが、オブジェクトやアンカーポイントを指で移動するよりも細かな移動が出来ます。
この機能の存在を知ってから作業がかなりラクになりました。

 

というわけ「iDesign」を使って描いたのが↑のイラスト。
ツールを探しつつ描いたので「Adobe Illustrator」で描くより何倍も時間が掛かりましたヨ。

 

残念なところは、アンカーポイントにハンドルを出さなくするのが微妙に大変。
ツールで簡単に出来れば良いのだけれど、スナップを有効にした後にハンドルをアンカーポイントに合わせるという方法でやりました。

 

あと、グループ化したオブジェクトの拡大縮小時、縦横の比率を固定出来ないのですね。
一つのオブジェクトならば設定で出来るのに何故…?

 

こちらもスナップ機能を使えば出来そうだけれど、頭の大きさだけを少しだけ修正したい時などは非常に不便だな。
などと不満も書きつつ、素晴らしいことに「Adobe Illustrator」で開くことの出来るSVG形式に書き出して、「iCloud‎」や「メールに添付」にて制作したデータをMacに持って来られます(その他、JPGやPNG、PDFなどでも書き出し可能)。

 

書き出したSVG形式のデータを「Adobe Illustrator」で開いてみたところ、線幅や線の終点の種類や線のコーナーなども「iDesign」の設定のまま、ちゃんと開けますね(レイヤーは1つになってしまうけれど)。

 

ただよく調べてみると、クローズパスだったオブジェクト全てが、1個所だけ2つのアンカーポイントが重なった状態になってる…!
修正の際などは、重なった2つのアンカーポイントをダイレクト選択ツールで選択、コマンドJにて連結する必要があるけれど、その他は大丈夫のようです。

 

ちょっとした小物イラストを「iDesign」上で描いて、最終的に「Adobe Illustrator」で作業といった使い方は問題なく出来るかな?

Xperia acro HD SO-03D

少し前、ちょこっと昔のソニー製スマートフォン「Xperia acro HD SO-03D」を購入しましたよ!

 

以前に購入したイー・モバイルのソニー製「S51SE」はsimフリー端末だったので、apnの設定さえすればSoftBankの回線でもそのまま使えたけれど、「Xperia acro HD SO-03D」はDoCoMoの回線でしか使用出来ないsimロックがされているのですね。

 

DoCoMoのお店に持ち込めば、simロックの解除(お値段は3,000円くらい)をしてくれるということで、近所のDoCoMoのお店に行って来ました。

 

もっと大変な作業かと思っていたら、simスロットに特殊なsimを入れて、それほど時間も掛からずにsimロックの解除が完了!
その後はもちろんSoftBank回線用のapnの設定などをする必要があるのですが、それらの設定は「S51SE」の時に経験済みなので簡単に設定出来ましたヨ。

 

「S51SE」に比べて画面が大きいのが一番の違いだけれど、バッテリー表示のほうは100%から全く減らなかったりと、「S51SE」同様、やっぱり変になる…。

 

ここらへんはXperiaをはじめ、android端末の問題のようで、対応策として一番簡単なのは電源を切って30分くらい待つ。その後に電源を入れると正しい残量表示になります。

 

今の新しいandroid端末では改善されているのですかね?

 

そうそう、今までSoftBankからはソニー製の端末は出ていなかったのですが、ようやく発売するそうですね。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1408/29/news129.html

 

出来れば、以前のようにソニーからは小さな端末も出してくれたら嬉しいけれど、先日発表されたiPhone6も画面が大型化していたり、あんまり小さな端末は歓迎されていないのかな…?

 

確かに、小さな「S51SE」から「Xperia acro HD SO-03D」にしたところ、普通にネットや地図などアプリを使用する分には画面が大きいほうが見やすいのですよね。