minimum universe
minimum universe
instagram
twitter
behance

わたしを離さないで

2010年に制作されたイギリスの映画「わたしを離さないで」を観てみました。

 

田園地帯の寄宿学校で学ぶ少年少女たち。実は普通の人とは違う残酷な運命が定められていて、迷いつつも、その運命を受け入れるといったお話。

 

彼らの存在について映画の中で最低限の言葉で説明されているのですが、それは現実では絶対にありえない内容です。

 

手塚治虫が遠い未来のお話として描きそうなテーマだと思いつつ、面白いのが今よりも過去の時代のお話として設定されているんですね。

 

いやいや、さすがに逃げることを考えるだろう…と、もしくは映画「ブレードランナー」の4年の寿命と知ったレプリカントのような行動に出るだろう…とも思ったのですが、仮にその状況になってしまったのならば、案外この映画のように運命を受け入れてしまうものなのかもしれません。

 

出演している若い役者さんがみんな素敵でした。