minimum universe
minimum universe
instagram
twitter
behance

最高築 / 中村一義

お仕事の机の前の壁に、お仕事などのスケジュールを書くためにカレンダーを掛けているのですね。

 

毎年、日曜日から始まるカレンダーを使用しているのですが、今年は間違えて月曜日から始まるものを買ってしまったのですよ。

 

日曜日から始まるカレンダーに慣れてしまうと、これがホント使いづらい!
2017年も半分が過ぎているけれど、先日、100円ショップで日曜日から始まるカレンダーを購入。
これでラクにスケジュールの確認が出来そうですヨ。

 

というわけで、中村一義の先日発売されたアルバム「最高築」。

 

今回のアルバムは自信の過去の曲をセルフカバーするといった内容。

 

購入した初回限定版には中村一義を初期から撮り続けている写真家 佐内正史の写真集が付いているのですね。
金字塔時代から現在までの中村一義の写真が載っていて、これがホントに素晴らしい!

 

あらためて写真を見ると、初期の頃の中村一義って、ちょこっと怖い顔をしてますね。
いや、それがとっても良いのですが。

 

楽曲のほうは、どちらかというとスタジオライブ的かな?
江戸っ子的な「ら行」巻き舌など、ライブの時の歌い方となっていたり、全体的にオリジナルと比べて開放的。

 

オリジナルではちょこっと重い楽曲(特に初期の曲)も、とっても聴きやすくなっています。
が、そこが昔からのファンの評価が分かれそう。

 

歌詞も一部変えて歌っているのですが、歌詞カードの内容もちゃんと違う歌詞に変更されていますね。
なんと細かい配慮!

 

アルバムタイトルの「最高築」を一番感じたのは「いつだってそうさ」かな。
ものすごく楽しそうで、こちらも楽しい気持ちになりますね。

 

「キャノンボール」も勢いを増した今回のバージョンのほうがオリジナルよりも好きだな。
この2曲は中村一義がバンド100sを組んだ初期の楽曲なので、ライブを沢山経験した現在との比較が非常に楽しいです。

 

一番好きな曲「笑顔」はアコースティックバージョンとなっていました。
近年のライブでお馴染のバージョンも素敵だけれど、海賊バンドのバンドアレンジでも聴いてみたかったな。

 

一番聴きたかったのがアイドルに楽曲提供した「ワンリルキス」のカバーなのですが、これが想像以上に良かったです。
今回カバーされなかった他の楽曲も「最高築」第2弾として聴いてみたくなりましたヨ。